このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得





CKSWeb は初めての人でも使いやすい操作性、目的の特許情報を瞬時に見つける高精度な検索、そして、審査経過情報やSDIなど多くの機能を標準装備したインターネット特許検索システムです。
完全Web対応 & セキュリティ
CKSWebは、一般的なインターネット環境以外特別なソフトウェアを必要としません。 また、CKSWebは無停止運用を実現し、分散サーバー、電源設備の安定化対策、堅牢なファイアウォールなど万全なセキュリティを導入しています。
定額サービス
CKSWebは、提供しているどの機能も月額基本料金に含まれます。 導入費用や、一定の利用枠を超えて発生する「隠れたコスト」がなく、安心してお使い頂けます。



高度な検索システム
膨大な特許情報の中からすばやく必要な情報を探し出せるかが、特許検索システムにおける重要な課題です。CKSWeb は高精度な全文検索をはじめ、ユーザ付加情報の検索やユニークな類似検索など、49種類もの検索項目を備え目的の特許情報を見つけるための機能を多彩に揃えています。全文検索では複数のキーワードで、近接演算が可能です。AND検索ではノイズが多いという場合にとても便利な機能です。
目次表示
CKSWebは、公開公報と登録公報を出願番号でまとめて目次表示します。 公開から登録に至る内容の変化もすぐに確認可能です。
また、目次は表示内容のカスタマイズが可能で、生死情報等を表示することができます。

強力なファイル出力
CKSWebは、特許公報、整理標準化データを合わせて任意に指定可能な約270項目のCSVテキスト情報を高速にダウンロード。また、ユニーク項目としてURL情報が取得可能です。 このURLをExcelなどの表計算ソフトウェアやデータベースに取り込むことでCKSWebのインターフェースを介さずに特許公報PDF表示ができます。

SDI & ウオッチングを標準装備
検索式を登録しておけば設定した周期で検索を行い、CKSWebのサーバに目次情報を保存してそのリンク情報をEメールでお知らせします。
利用者はリンク情報をクリックするだけで情報を閲覧できます。 このSDI機能はメモ付与や目次スクリーニング からの配信も可能です。
また、見逃せない重要な他社案件の動向をお知らせする「ウオッチング」も標準でご利用できます。
特許庁整理標準化データを利用して「動き」があればEメールでお知らせします。

さまざまなシステムとのリンク
特許解析システム「CSVAID」や、Questel 社が提供する「Orbit.com」と連携しています。
また、他のシステムもCKSWebの公報URLを利用する ことにより、簡単にリンクすることが可能になります。
簡易マップ
ユニークで強力な特許解析システム「CSVAID」のマップを一部Web上で実現。
IPC等の頻度表やR&D構造図は、検索結果に対して視点を変えた発想での評価をすることができます。
トップに戻る



×
Search